蓄電池 価格 | 太陽光発電・蓄電デビュー?

オール電化や太陽光発電、この響きに父が動きました。震災もあって、やはり節電・節約というキーワードに敏感な母も喜んで賛成。我が家の初リフォーム計画が始動しました。 リフォームは楽しみですが、情報収集が案外大変。気合い入れて検索すると巨万とあるんですね。取り敢えず検索結果の上位で攻めることに決定。(なまけもの?)
面白いくらい業者によって異なる内容に驚きました。一口にリフォーム業者と言っても様々とは踏んでいましたが、ここまでバリエーション豊かなのかと。
でも最終的には内容や価格もそうですが、対応してくれた方で決断。リフォームした後のことも考えて業者を決めました。たぶん一番大切なんじゃないかと思います。
悪徳なリフォーム業者も多い時代らしいですが。当然ですが真面目に丁寧にやってくださる業者のありがたみを感じますね。結構提案してくれたんです、ここがこうだと良いとか、ここがああだと悪いとか。ありがたいです。
その後、とても丁寧にそして早い工事が行われました。とても良い工事をしていただきましたが、後日聞いたのですが、知人が工事をお願いしたところは最悪だったそうで。やっぱり対応が悪いというか、こちらの要望を快く受けてくれない方もいるようですね。私はラッキーだったの!?
リフォームが終わりました。新しい匂いを胸いっぱい感じています(笑)。なぜかこの時期?リフォームが多いのか、業者さんは忙しそうでした。当然、手は抜いてませんでしたよ。
リフォームをしたことで、家のテーマカラーを白からベージュ系へ変えました。どちらかというと白寄りなベージュですが、家全体の印象がガラっと変わったんです。これには驚きました!
今回私は知らなかったのですが、リフォーム相談会というイベントが開催されていて、参加する人が増えてるのだとか。自力で探すのもいいですが、そういった イベントに参加して実際に商品を物色するのはいいですよね。
家によく入るチラシがあります。システムキッチン50%オフ等とかかれたもの。その価格の安さに惹かれそうですが、工事費が必要になることを忘れてはいけません。そして価格だけにとらわれず、アフターフォローも加味しなくては失敗の原因になるかもしれません。
玄関のドアも種類が豊富ですよね。ドアを変えるために、床のタイルを壊さないといけないことも少なくありません。ドア部以外を壊すことが必要になると手軽な工事ではありませんよね。ドアひとつの工事でも慎重に業者を選ばないといけませんね。
給湯器の寿命ってご存知ですか?10年も使っていれば交換が必要なんだそう。年数が経てば給湯の力が弱くなり壊れてしまいます。突然壊れたら生活に支障をきたすことになりかねません。チェックが必要ですよ!
いま地震が起きたらこの家は耐えられるだろうか。細々としたリフォームの前に、まず耐震補強のリフォームが必要だと思いますが、今回は耐震できませんでした。必ず近々耐震リフォームをして安心したいと思います。


太陽光発電とか、蓄電とか、最近よく聞きますよね。私個人的にも数年前からセールスが増えてきたこともあって、気になっていました。
何かと"電気"というのは話題にのぼることが多い今日、とうとう電気料金の値上げなんてことになってしまうようです。
家計を考える人にとっても、そんなことたいして考えない人でも、電気料金値上げの話は当然他人事ではなく、どうにもならない単純な支出が増えるというピンチなわけですよね。
余裕の有る無しは別にして、最低限でも支払っていく必要のあるものというのは、極力抑えるのがきっと一般的かな。だから我が家も電気が高くなるなんて話は、もう大ピンチなわけです。
そこで私も思い切って主人に相談したんです。太陽光発電と蓄電のことです。導入を考えてみたいと今後のためにもきっと良いはずだと提案してみました。
すると意外にも主人は詳しく話を聞いてくれまして、とにかくどれくらいの費用がかかるのか、メリットやデメリット、導入後のこと、10年後・20年後のことをプロに聞いてみないことには始まらないと。なんでも、主人の会社も節電一色なのは変わらずで、それなりに抑えつつ仕事のし易い環境作りを目指してる職場だとは言え、午後のピークはやっぱり暑くて仕事にならないのだとか。主人の仕事柄、ほんの少しだけ太陽光発電や蓄電という言葉が出てくることがあるらしく、主人なりに気になってはいたようです。
私は取り敢えず業者探しをしてみました。ネットでまず見つけた太陽光発電の一括見積りサイトで一括見積もりをしてみました。ちなみにこのポータルサイトは、無料で見積依頼を出すことができて、待っていればそのポータルサイトに登録している業者から連絡が来るというシステムです。
我が家の見積依頼には4社の業者から連絡がありました。私はパソコンやメールが得意ではないので、業者の方に来てもらうことにしました。来て見てもらった方が確実だと思いましたし。
しかも、屋根を見たり築年数を見たり、いまの家の電気やガスのシステムも見ることになるとのことで、絶対来てもらっちゃったほうが早いですよね。
そんなときの行動の早さは主人がよく知っているのですが、来週4社の業者の方に来てもらうことにしました。
それまでは太陽光発電と家庭用蓄電池を導入したあとのことを妄想してました。オール電化 京都 電気代がどれだけ安くなるのかとか、勝手に電気を作って余った分は売るとか、チラホラ聞いたことのある情報で娘と盛り上がりました。最後はうちは発電所バリなことを言っていましたね(笑)
蓄電池なんですが、少し前までは電気は作るけどためられないというのが常識でした。特に家庭ではあり得ないことという話のようでした。
時代は目まぐるしく移り変わっていくということですね、住宅用蓄電池という素晴らしいものができたんだそうです。そう、家庭でも蓄電が可能になり、電気を作ってもためられなければ意味がないかも・・・というのが無くなったわけです。
まだ見積りすらもらっていていないし、そもそも果たして導入するのか否か定かではないのに散々盛り上がっている我が家です。