法律に詳しい方に相談を!

法律家の方にお世話になることがこれから先一度でもあるのかと思っていましたが、あるんですね。
もちろんそれは突然に。
無縁だと思っていた世界にほんの片足だけ突っ込むハメになりました。
正直大げさに言ってみただけですが、でもいま現在モメている最中でございます。直接関係しているわけではないのですが、先日夫の父が突然亡くなりまして、いわゆる「遺産相続」で弁護士さんにお世話になることになったのです。
 夫もそれほどドップリとモメているわけではないのですが、葬儀も終えて夫とふたり田舎から戻って1週間後、義母から電話が。
田舎ですので、何かしら土地とかあるわけなんですが、予想よりも土地があったようで、その件で印鑑証明を用意してほしいだの何だのと。
ここまではよくある光景(?)なんだと思いますが、ここからが少し違うのでした!

話をややこしくしたのは、夫の兄の嫁!
(あなたが突っ込んでくることでもないのよ?と言いたいところですけど。。)
元々疎遠とまではいかなくとも、滅多に顔を出さなかった義兄の嫁が、義父が死んだと聞いて大騒ぎしたようです。もちろん葬儀のときには会いましたが、相変わらず人と交流をもたない人だなーなんて思っているだけでした。頭の中は悲しみよりも、送り出す気持ちよりも、相続のことだったのでしょう。

義父は2週間ほど入院して亡くなってしまいました。入院したときも突然倒れたということで、言葉は悪いですが、ポックリと。。
倒れたと聞いて私たちはすぐに会いに行きました。(まともに話はできませんでした。)義兄の嫁は当然見舞いにも来ず。あまり気にもしていませんでしたが、いままで滅多に顔を出さない人間が、死んだから相続のために勢いつけて口出してくるのはやっぱりおかしいですもの。
ある程度交流があったら 私も何かしら言えたのかもしれませんが、4~5回程度しか会ったことがないので・・・。

非常識っぷりと、ドラマのような人間が本当にいるんだな、と驚きです。
義母が弁護士さんに頼ることにして、遺書のひとつでも残してくれたらこうはならなかったのかもしれませんが、いま義母が義父の他界で悲しむヒマもないほどゴタゴタとやっているようです。亡くなるのは悲しいことですが、やることやっておかないと、残された義母のような人や私の夫が死とは別に悲しい思いをすることになってしまうんですね。
幸い私は義母とも義父とも仲良くさせてもらっていたので、攻められるような(私も決して攻めませんし)ことはありません。
義兄も何をやってるやら。。。早く落着してほしいものです。


内容証明ってなーに?
内容証明って??字のごとく内容の証明のことです。いわいる証拠を残すということです。
男性「結婚してください」
女性「はい」と男性がその気になっていたら
女性「そんなこと言われてない」
男性「言ったよ!OKもしてくれたじゃん」
女性「結婚なんて考えたこともないよ!」
男性「約束したのに・・・」
など、一般的にはただの破談で終わることも、手紙だったら言った言わないのことにはならず、その手紙に証拠をつけてしまうんです。
手紙で内容を証明してくれるもの・・・それが内容証明です。

A「お金を貸しました」B「いえ。借りていません」
A「お金を返しました」B「いえ。返してもらっていません」

と、言った言わないの水掛け論でしかありません。
大事なことこそ口約束じゃなくて借用書や領収書を残しますよね。それが証拠。すなわち内容を証拠を残す。内容証明ということです。